言葉だけで稼ぐ職人塾

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

ラクをする事が本当の努力だということをあなたは知っていますか?

「リラックス」の画像検索結果

ラクする事が本当の努力だと?舐めてんのか?」

「一生懸命努力してる人をバカにするな!」

とか言われるかもしれませんが、
別に舐めてるわけでも、バカにしてるわけでもありません。

からしてみれば
「むしろバカにしているのはそう言ってる人なのでは?」
とすら感じます。

他の誰かが100記事書いてる間に
私たちは1記事で200万とかそれ以上稼いでるわけです。


今回の記事では
あなたの努力の概念を変えます。



この記事であなたにこれからお話しすることは
あなたが正しい方向に努力をし、しっかりと成果を出してもらう為に

一般的な努力が努力ではない事、本当の努力とは何か?
ということについて、あるストーリーを交えながらお伝えします。

このストーリーを最後まで読むことによって
あなたはショックを受けてしまうかもしれません。

「今まで何をやってきたんだ・・・」とね。


実際に私が「これが本当の努力か!」という風に気づいてから
今までやってきたことがちゃんとした努力ではなかったというのを
実感しました。


でも、それでいいんです。
そこからがあなたにとってホントのスタートです。

この現実を受け止めきれずに聞く耳を持てないのであれば
もうこの先は搾取されるだけの人生だと思い、諦めてください。

ただ、ここで気づきがあった時点で
あなたはもう9割方成功したも同然。
あとは行動するのみです。

ぜひここから突き進んでいってください。



=========================

昔々、あるところに
AさんとBさんがいました。

2人は
「1の山」から「2の山」にレンガを運ぶよう現場監督に命じられました。

Aさんは最初は一つしかレンガを運べなかったのですが
合間の時間を縫っては筋トレを毎日欠かす事なくこなしました。

3ヶ月後には1回に3個運べるようになり、
その後もトレーニングを1年間続けた甲斐があって
1回で10個のレンガを運べるまでになりました。

・・・

一方、Bさんは「1の山」から「2の山」まで運ぶトロッコ
3ヶ月で作って1回に1000個運べるようになりました。

その後も改良を続け、1回で2000個運べるようにしたり、
そのトロッコを1年間で5つ作り上げ、
1回稼働させる度に合計で10000個運べるようになりました。


=========================


さて、あなたに質問です。

どちらが、努力してると思いますか?
どちらが、ラクしてると思いますか?

どちらが、怠け者だと思いますか?
どちらが、思考停止してると思いますか?

今の日本で努力と呼ばれ、美徳だと呼ばれるのはAさんです。
ですが、圧倒的に結果を出しているのはBさんです。

これっておかしいと思いませんか?


Bさんは3ヶ月間成果は出していません。

その間は変な目で見られた事でしょう。
あいつは怠け者だ!と罵られたかもしれません。

ですが、BさんはAさんとは比較にならないぐらい
圧倒的なまでの成果を出せるようになりました。


どちらが価値を感じているのでしょうか?
どちらがより社会貢献をできているのでしょうか?


100記事書いてアドセンス広告で1000円稼いでる人がいる中
1記事で300万稼いでいる人もいます。


稼ぐ・儲ける=信用を持っているという事です。
それだけ価値を提供できているという事になります。


あなたはAさんとBさんどちらになりたいですか?