言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

【脳足りんなアドセンス馬鹿共へ】2ヶ月ライティングしていないにも関わらず、収益が発生している理由

f:id:hikichijunta:20181205165511p:plain

々の更新。
ここ数ヶ月、実はiPhoneだけで仕事してました。

なんでかって?

愛するパソコンが昇天したからです。笑
ライティングも仕事の一つとしてあるのに。笑


でも試しにiPhoneだけで過ごしてみた結果、
案外携帯だけでもいけるってことが判明しました。
かなり仕事もミニマムにすることができてます。


ただねー、やっぱりブログとかもやりたいなーって思ったんですよ。
でも携帯だと指疲れるし。

あとは
人に任せてコンテンツ作ったりしてましたが
自分でもちゃんとまたコンテンツとか作りたいなー。

そう思って結局買うことに。
買うといってもプレゼントでいただくことができたので
実質タダでMacBookをいただくことができました。


恩返しのためにもまたこれでガッツリ稼いでいこう。


ということでここまで読んでくれてるあなたは
ライターなのに自分で文章を書いてない僕に対して
矛盾を感じていたのではないかなと思います。


不思議な現象ですよね。
ライターの仕事をしているはずなのに
ライティングを自分でしていない。。

でも仕事として成り立たせることができている。
それはなぜか?


っていう疑問を今回は
業界の裏側を踏まえてお話ししていこうと思います。


なぜ、僕が自分でライティングをすることなく
利益を生み出すことができているのか。

結論から言うと、

「仕組みを作っているから」

これに集約されています。


これすごく大事なことを言ってますが
今後、フリーランスで生きていきたい人や、副業をしていきたい人、
自分で会社を持ってやっていきたい人は
この仕組みを作っていくということをすごく重要視して欲しいんですね。


仕組みを作れる人になると
自分の手が離れた状態でも収入が入ってくる状態を作ることができます。

スタバとかを例として出しますけど
スタバって全国に何店舗もありますよね。
ものすごい数の同じお店があるじゃないですか。

じゃあスタバの経営者さんとかオーナーさんが
その店舗で働いているかって言ったら働いてないわけですよね。

ここがポイントです。

「働いてないんですよ」

じゃあ店舗で働いている人たちの方が
稼いでそうじゃないですか。

でも実際問題、稼いでるのは
店舗で働いてるスタッフさんじゃなくて経営者さんですよね?

それはなんでかって言ったら
経営者の人たちはみんな仕組みを作っているからなんです。

その仕組みをいくつも作っています。
作れば作るだけ作るだけ収益が勝手に入ってくる仕組みが作れるわけです。

仕組みの根本的な話


経営者とかオーナーとか出てきて

「なんだか敷居が高そうだなこの話・・・」

なんて絶対に思わないでくださいね?
こんなもん個人ベースでできます。
というかむしろ根本的にこの仕組みを理解していないと
ちゃんと収入を得ようっていうのは難しいと言っていいぐらい。

しかもネットであれば資金かけずにできます。
強いて言うならサーバー代とかですが
究極最初のうちは無料ブログを使っちゃっても全然大丈夫です。


とにかく仕組みを作っていくことを意識していってください。
それができなければ今後どんなに動いていったとしても
一生自分が動かないと収入が得られないって状況になりますし

フリーランスであったとしても会社員と変わらない、
ヘタしたら会社員時代よりも過酷なことになりかねません。

それこそ僕はブログをこれからやっていく人が
アドセンスで収益を得ていこうだなんてバカらしいと思ってます。

別にアドセンスをやること自体を否定しているわけじゃなくて
何の考えもなしに

とっつきやすいから〜とか
有名ブロガーさんがやってるから〜とか

そういった発想でやっちゃってることがバカらしいと思っているだけです。

だったらさっさと仕組みを作っちゃえばいいのにと。
しかもその上でアドセンスもやった方が絶対にいい。

じゃあ具体的にどうやって仕組みを作っていけばいいのかなのですが
その根本的な仕組みの本質に関してはまた日を空けて書いていこうと思います。


次回の更新も見ていってください。


【ブロガー初心者必読】読者をあなたのファンにするために重要な第1ステップ

f:id:hikichijunta:20180923084549j:plain



どうも、ひきちです。

基本的に僕のブログを読んでくれている人は

「ビジネスに興味がある」
「ブログや副業で収入を得たいorやってるけどうまくいってない」
「ライティングに興味がある」
「自分の将来に不安がある」
「個人で稼ぐ力をつけたい」

いずれかに当てはまるのではないでしょうか?

「え、なんで分かったの?」

ってあなたは今思ったかもしれませんね。


なんでかっていうと理由は明白で
僕がそう思っている「20代男性の人」に発信しているからです。

あ、ちなみに30代の方や女性の方も見てくれてます。
ただ20代男性がやはり多いです。


僕が意図して20代男性に向けて情報を発信しているからです。

もしあなたがブログをしているときに、
あなたが発信している情報、
もしくはあなたに対して興味がある人だけ
来てもらえる状況が作れたら嬉しいですよね?

逆になんとなくふら〜って来てすぐいなくなる人は
あまり来ても意味がありません。

むしろ変な言いがかりされるかもしれないですし、
できればそういう人には来てもらいたくないですよね。


ということで今回は

「"あなたに興味がある人だけ"集まってくるテーマ設定方法」

これについてお話をしていこうと思います。


テーマ設定というのは

「何屋さんをするのか」

ということです。


ダイエットのお店をやるのか
筋トレのお店をやるのか
ライティングのお店をやるのか
野球のお店をやるのか

・・・

といったようにジャンルはバラバラです。
まずはそれを大まかに定めていくということをしていきます。

それが決まったらターゲットを絞っていく、
誰に対してどんな情報を発信していくのかを決めます。


例えば、ダイエットって言ってもたくさんありますよね。

・顔を痩せたい
・お腹をへこませたい
・二の腕を細くしたい
・足を細くしたい
・お尻を引き締めたい
・体全体の体重を落としたい
・筋肉をつけて引き締まった体にしたい

簡単に思いついたものを出してみましたが
ダイエットでもこんなに市場があります。

しかも面白いのが
それぞれで悩みとかも変わってきますよね。


「顔を痩せたい」って人であれば
自分の顔に自信がないからあまり見られたくないとか

「お腹をへこませたい」って人であれば
友達にお腹をバカにされてストレスだとか

「足を細くしたい」って人であれば
ワンピースとか足の太さがバレない服しか着られないとか


それぞれのターゲットによって
持つ悩みが同じジャンルのテーマでも全然変わってくるわけです。

テーマを大まかに決めたら
どんどん細分化していきましょう。

最初のうちはニッチであればあるほどいいです。
要は狭く深いほどいいってことです。

どんな人に発信していくかは
一人に絞るところまで決めちゃいましょう。

その方が今後情報を発信していく際に
誰に対して発信しているのかが明確なので
進めやすいです。


誰に対して発信するかを決めることができたら
今度はその人に対して何を伝えていくかを決めましょう。

ここでは、ターゲットがなりたい理想の未来を考え、
それが叶えられる情報を伝えられるようにしていってください。


ブログもビジネスも全ては
届ける相手がいるから成り立ちます。

「この人のブログ読んでよかった」
「この人に出会えてよかった」

そう思ってもらうためには
あなた自身が誰に対して何を伝えていくかを
真剣に考えなければ相手も真剣に読んでくれません。


あなたに興味がある人に来てもらうためにも、
まずはあなたが相手に興味を持つようにしましょう。

ブログ初心者がアドセンスから始めるという愚行について

ãã¢ãã»ã³ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

※アドセンスで稼ぐ方法は書いてないです。
  画像に釣られて勘違いしちゃった人はすぐ閉じましょう。


どうも、ひきちです。

色んなブロガーさんを見ていく中で
ちょっと気になったことがあります。

ブログを始めたばかりの人で
これをやっている人に問いたい。


今日の議題はただ一つ・・・

なんでアドセンスやってんの?

これについてです。


最近、ブロガーの人が増えてきましたね。
色んなブロガーさんの記事を僕も読んでますが
皆さん個性があって面白い。


僕は特に金臭いブログとか好きなので
そういったブログをよく読んだりしてます。
お金大好きなので。笑

だってやるからにはお金稼ぎたいじゃないですか。
自分の好きなことでお金稼ぎたいじゃないですか。
お金稼いでやりたいこと思う存分やりたいじゃないですか。

お金稼ぐこと好きで何が悪い。
別にいいじゃんね。
なんだかんだ言って日本は拝金主義な国なんだし。

むしろお金稼ぐことを好きになった方が

たくさんの人にも恵まれるし、
自分がやりたいこと実現できるし
自分の周りの人を助けることもできるし

いいことづくめじゃない。

・・・

なんて、そんなことはさておき、
僕はどうしても気になります。

ブログでアドセンス始めました!って人。

アドセンスはサイトに広告を掲載することで
クリックされたら収入を得られるものなわけですが
審査さえ通れば手軽にやることができます。


別に悪いとは言いません。
やるなとも言いません。

ただ、なぜアドセンスをやるんですか?

「なんかブログでうまくいってそうな人たちは
 だいたいアドセンスやってるから」

ですか?
そんな人任せな理由で
アドセンスなんてやっちゃって大丈夫ですか?

やるのは全然いいんです。
ただ、アドセンスをやる理由は明確にすべきです。

別にシンプルに稼ぎたいからでも構いません。
でもどれくらいの収益を望んでいるのでしょうか?


シンプルに稼ぐためにやるなら
僕だったら最初からアドセンスで稼ごうとは思いません。

クッソ効率悪いから。

アクセス全然集まってないのにアドセンスはきちい。

ひたすらアクセスを集めるためだけに
ブログを作るぐらいなら

アクセス数少なくても
自分の商品を作ってそれを販売してしまう方が
圧倒的に時間のコスパがいい。

むしろアクセス少ない方が自分が発信していることに対して
本当に興味ある人たちしか集まらないので

余計な人まで集めなくて良いまである。


アドセンスだけで稼ごうってなると
相当な時間が必要になりますが

自分でコンテンツを作って売るなんてこと自体は
3ヶ月もあればできるようになります。
早い人は1ヶ月足らずでできます。

一度できるようになれば1週間とかでできるようになります。
そういった仕組みを作って伸ばしていく、
もしくは何個も作っていく方が圧倒的に効率がいい。


効率もよければ
ネットでマーケティングができるわけなので

ブログに限らず色んなビジネスに
応用利かせることができるようになります。

一方アドセンスは広告にクリックさせるだけ。
ブログにきてもらう方法と読んでもらってクリックしてもらう方法までしか
分からんわけですよ。

そんなアドセンスでめちゃくちゃ稼ぐ労力あるなら
それ以前にもっとできることあるんだって。


自社のコンテンツを販売したらファンがつくから
そしたらアドセンスをやりましょ。アフィリエイトも一緒。
その方がよりブログ来てくれた人たちのタメになりますよ。


【男性は閲覧禁止】逆手に取って相手を手の平でコロコロ転がす心理的方法

ãã«ãªã®ã¥ã©å¹æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

※まずはじめに言っておきますが

「人を操るようなこと私はしたくない!」
「手玉に取ってコロコロ転がすなんて邪道だ!」

って思う人は絶対にこの先読まないでください。

(ちなみに読むと分かりますがむしろ邪道なのは読まないあなたです。
 が、別に読まなくてもいいですよ?)

・・・

どうも、ひきちです。

「絶対に見ちゃダメだよ?」って言われたものって
見たくなりませんか?

それこそ女の子のお着替えタイムなんて
絶対に男性諸君は見てはいけないわけですが見たくなるわけです。
そして理性と反して見てしまうわけです。

そうしてまた一人、犯罪者が増えるわけですね。
ああ、そうだ。



・・・



まあ冗談はほどほどにして
ダメだよって人は言われると
つい人はその逆をしてみたくなってしまいます。



僕のブログはどちらかというと
男性が見てくれることが多いのですが
それを踏まえて今回のブログタイトルも

【男性は閲覧禁止】

というタイトルにしました。

ちなみに冒頭の※の部分もそうです。
あえてやりました。


これ、実は人の深層心理をついてるんです。

「カリギュラ効果」

と言うのをあなたはご存知でしょうか?


カリギュラ効果とは

禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことを言います。

だから男性は閲覧禁止にしたんです。
絶対この先は読まないでと言ったわけです。

読んでほしいからです。笑



今回は「カリギュラ効果で人をコロコロする方法」についてお話しします。

これ、できるようになると文字通り人をコロコロさせることができます。
男性はこのようにして女性にやられていく。
その様を描いたストーリーです。嘘です。

でもこれ、マジで使えます。
普段の私生活から恋愛からビジネスまであらゆる局面で使えます。

自分が思うように人に行動してもらえるようになります。
しかも相手は自分で選んだと思っているわけです。

違います。
自分から選ばせることができるんです。

これを使わない手はない・・・!!


 

色んな場面で使うことができると言ってもどんな場面かなーって
考えて見たけどパッと出てこなかったので
書いていきながら考えたいと思います。


読んじゃダメ

あ、今一つ出てきたのは
先ほどの「男性は閲覧禁止」の一文ですね。

読んじゃダメ!って言われたら読みたくなりますよね?

 

内緒にしてね

あとは内緒にしてねって言われたら逆に話したくなったりしません?
別に僕は口は固いですよ?
言わないでって言われたら絶対に言わないです。
でも言いたくなります。

あいつは実はあの子と付き合ってるんだ・・・とか
あいつ実は〜なんだぜ・・・とか

それ絶対に俺から聞いたとか言わないでね?
とかって言われると分かったってなるけど言いたくなりますよね。笑

 


じゃあやめれば?笑

あとは何かをしようと思っているけど躊躇してる時に

「ビビってるんだったらやめればいいじゃん?笑」

とかってバカにされるとやってやる!ってなりますよね?笑

あれ、書けば書くほど思考回路が幼い。。
まあ、いいでしょう。

 

カリギュラ効果で子どもがすごくなった逸話

カリギュラ効果って子育ての場面で結構使えたりもします。
以前、テレビを見ていて面白いと思ったものがあるのですが

それは親が子どもに対して、

「勉強なんかしなくても良いから外で遊びなさい」
「勉強は置いといて子どもらしく公園で遊びなさい」

と子どもに言い聞かせていたのに、当の本人は勉強に没頭してしまい、
最終的にはなんと東大に入ることができた、というお話しです。 


びっくりですよね。
勉強やめとけって言ってたら勉強に没頭して東大入っちゃうんですから。

これは「勉強をしてはいけない」という禁止が混ざっているので、
子どもの意欲を掻き立てる結果になり、
逆に勉強が大好きな子どもに成長したということです。


世間の親御さんは子どもを思うあまりつい
「勉強しなさい!」
って言うわけですが、そうすると言われた子どもは
勉強に対する興味を失っていくという結果になってしまいます。

 

浮気を止めれば止めるほど・・・

浮気の問題もそんな感じで起こってしまうのではないかと思います。

浮気ダメ絶対!やったら許さない!コ◯ス!
って言えば言うほど男は浮気に走るわけです。

逆に「不満であれば浮気してもいいよー」ぐらいの寛容さがあれば
信頼されていると感じるので特に浮気しようとも思わなくなります。

それで浮気されるのであれば
相手がクズ+自分の力不足なので諦めましょう。
そんな相手に固執するより新しい人を見つけながら
自分が成長する方がよっぽど得策です。


 

カリギュラ効果を気持ち良く使うために

カリギュラ効果は悪用できます。
別にあなたがそうしたいのであれば構いません。

ですが、そんなことをしてあなたが幸せになれるとは思えません。
人を欺いたところでいいことは何もないです。
そういう人生を送る覚悟があるのであればお好きにどうぞって感じです。

ただ、どうせ使うのなら
相手のためを思って使ってあげるのが一番いいです。
相手の立場になって考え、その上でカリギュラ効果を使えば
その人のためになりますし相手にも感謝してもらえます。


ビジネスでも活用できます。
恋愛でもそうです。

どんな状況においても
誠実さを持ってカリギュラしましょう。

自己主張苦手なあなたが意識することなく自然と自己主張する方法

「自分から話題を出すのが苦手」
「話を切り出すことができない」
「何話したらいいか分からない」

なんてあなたは思ったことないだろうか?


これ僕自身がものすごく苦手だったこと。
だって自分が思ってることを話しても
誰も聞いてくれないと思ってたから。

今思うととんでもない被害妄想なんだけれども(笑)


なんか自分が思ってることを話すことに対して
抵抗を感じてた時期があった。

だから僕は基本的に自分の話をすることが苦手だし
自分の思いとかを口に出すことがなかなかできない人だった。

ただ、それでも思っていることはたくさんあった。

「もっとこうした方がいいんじゃないか」
「これしたら面白そう」
「こうなったらいいのに」
「こうしていきたい」

とかって人見知りって自分で思ってる人は
口には出さないけど思ってることってあるんだよね。


今回はそんな人でも
自分が思っていることを話せる状況を作り出す方法をお伝えしよう。


この方法を知ってしまえば
あなたの話を相手は喜んで聞いてくれるようになるし
楽しく会話することができる。

自分が思っていることに対して共感をしてくれるようになるから
あなたも楽しく会話ができるし、
自分の発言に対して自信を持つことができるようになる。


これは結構あなたにとって価値あるんじゃないかな?
究極な話、就職活動とかでも使える。



じゃあそれは何かというと

「相手の話題に対して共感をすること」
「そのあと自分の意見を話す」

というもの。


単純に会話の構成として
相手の話したことに対して共感をしてあげてから
自分の意見を話してあげると相手は自分の話を聴いてくれるようになる。

なんでかって相手はあなたに自分の話を聴いてもらったから。
受け入れてもらえたから。
そりゃ相手の話も聞いてあげようってなるもんね。


じゃあ具体的にどう会話をするのかというと

1.相手が言った言葉を復唱する。
2.その言葉に対して返事をしてあげる。(いいね~とか)
3.その言葉に対して自分の感想を話してあげる
4.その話題に対してさらに質問をする

主にこの4つ。


実はこれ、雑談する時の黄金の公式なんです。
実はね。

この公式で会話を繰り返していくと
どうなるかというと
相手はだんだん3の段階であなたが質問する前に
また話し始めるという構図が生まれるんだ。


女の子同士の会話とかってすごいじゃん。

A「この前こんなことがあって~」
B「えーそんなことがあったんだー。やばいねー」
A「でしょー!それでねそれでね・・・」

みたいな感じで会話成立するでしょ。
遂に「やばいねー」だけで会話が成立するようになる。
女の子の会話が永遠に続く理由がこの構図なんだ。


だからあなたも雑談するときは

1.相手が言った言葉を復唱する。
2.その言葉に対して返事をしてあげる。(いいね~とか)
3.その言葉に対して自分の感想を話してあげる
4.その話題に対してさらに質問をする

このステップを頭に入れて
会話をしてみると面白いですよ。

自分の主張もできるし
相手は気持ちよく話すしで。


ということで今日はこのへんで(-ω-)/

"コミュニケーションが生まれたキッカケ"を知ると自分のために動いてくれる人が増える

f:id:hikichijunta:20171217212316p:plain

突然ですが

今回の記事は、

今まさに僕の記事を読んでくれている
あなたのために書きました。

結構気合を入れて書いてます。

3分ほどで読み終わりますが
あなたにとって濃ゆーーい時間になるので

今行っている作業をすべて止めて
今回のお話を読んでみてください。


今から話すテーマは

コミュニケーションの根幹

についてです。


コミュニケーションって
いつの時代も必要不可欠ですよね。

特に今って
企業が求めている能力で一番あげられているのが
このコミュニケーション能力じゃないですか。


じゃあ人って
いつからコミュニケーションを
取るようになったと思います?

って聞かれると分からなかったりしますよね?

実はここが分かってくると
コミュニケーションの本質が分かってきます。

今後よりあなたは人との
コミュニケーションをより大切にするようになります。

なんでかってそれによってあなたと周りの人たちの
利益に繋がってくるからです。


さらに周りの人が
自然とあなたのために動いてくれるようになって
あなたのために頑張ってくれるようになります。

しかも相手はあなたに感謝をしながら。
そんな状況を作ってみたくはないですか?

今回はそういったお話です。
絶対に読んで損はさせないですし

あなたの将来に関わるので読んでみてください。
読み終わって実践してみてしばらくした後に

「あー、こういうことだったんだな」

って実感すると思います。


正直このお話には即効性はありませんが

意識するだけであなたの未来を
良い方向にもっていくことができます。


じゃあ、さっそくなのですが
もはや生きていく上で不可欠なのが

このコミュニケーションというもの。

では、コミュニケーションが生まれたキッカケって
あなたはなんだと思いますか?

ちょっと考えてみてください。




・・・




答えはなにかというと

「お金」

なんです。
なんか意外でしたか?


どういうことなのか
これからお話していきます。


元々、人っていうのは
ずっとほしいものを持つもの同士が

直接会って交換していました。
物々交換ってやつですね。

昔はそうだったというのは
学校で聞いたことあるのではないかと思います。


ですが、これでは

自分が欲しいものを持っている人
を見つけるのが大変だし、

保存のきかないものは
無駄になってしまいます。


そこで、ある頭のいい人が
思いつきました。


みんなの提案した物の代わりになる
"価値"を決めてそれを交換の道具にしようと。

そうすればいつでも
欲しいものに変えることができて便利だ…と。



はじめは麦や牛や貝殻が
お金の代わりになりました。

こうして人類に最初のお金が誕生したんです。


お金という概念のおかげで
人類は様々な発展をもたらしました。

例えば、


お金が生まれる前までの人類は
食べるためだけに生きていました。

毎日食料を確保するのに時間を費やしていたんです。
言ってしまえば犬やライオンなどの
本当に動物と一緒でした。


その大問題をお金が解決したんです。


物々交換からお金と物を交換するシステムに代わって
食料が欲しいときに手に入るようになりました。

そうするとどうなるかというと
生活にゆとりが生まれますよね?

すると食べること以外のことを
人は考えるようになります。

そうなんです。
人間はお金によって
考える時間を獲得することに成功しました。

深く考えて知恵を持って、
知識を蓄えるという

生き物の中で人だけが持つ高度な能力というのは
実はお金によってもたらされたんです。

言ってしまえば、
お金が人を人にしました。

人はお金で存在意義というものを
明確にしたんです。

面白いですよね。


そして、さらに面白いのが

「お金=コミュニケーション」

だということなんです。


お金は

知らない者同士、
言葉が通じない者同士を

結びつけられる唯一のツールなんです。


お金ができる前はどうだったかというと
知らない人は全員、

自分にとっては信じられない人たちでした。

相手が物を持っていても
無事に交換が成立するまでは

疑いと不安がつきまとっていたんです。

そりゃそうですよね?
もしかしたら交換する時に相手が襲ってくるかもしれない。
ヘタしたら命を奪われる危険性もあったわけです。

物々交換するだけとはいえ
そういった心配をしなければならなかった。


ですが、お金という存在が
出現したことによって

その疑いは払拭されました。

見ず知らずの人間でも
会ったその場で信用し合える
状況を作ったんです。

「お金で人は人を信じるようになったんです」

お金を持ち寄ることで
人は信頼し合えるようになった。

そしてその信用が
人々に劇的な変化をもたらしました。


人と接することにより
安心感が生まれ、

人と人が会う機会が増えました。

そうすると
人との会話が活発になりますよね?

そしたら新しい言葉が
急激に増えて人と話すことが楽しくなります。


そうして人々は
コミュニケーションをとって暮らすことになりました。


人と人が出会い
信じ合い
認め合い
愛し合う


繋がり合って
豊かな社会へと
発展させていったんです。


つまり
お金とは、

「心と心を結ぶコミュニケーション」

のことなんです。


そういう風な歴史を考えていくと
「お金っていいものなんだなー」
って思えるようになりません?

僕が言うにはですが
日本人はもっとお金を好きになる、
稼ぐことを好きになっていいと思います。

この話を聞くと
あなたもそう思うのではないのでしょうか?


そしてコミュニケーションの本質は

人との信頼関係

だということが
この話から分かります。

ということはお金を稼ぐためには
何よりも人との信頼関係が必要だということ。


世の中の事柄全てが
人との信頼関係に集約されています。


その部分を深く追求していけるようになれば
何事も成せるようになるので

今後あなたも人との信頼を常に意識しながら
日々過ごしてみてください。


意識することのコツとしては

「どうしたら目の前の人は喜んでくれるのか」
「何を手伝ってあげたら喜んでくれるのか」

を考えながら人と接すること。

今からどんなに小さなことでもいいので
目の前の人に喜んでもらえるようなことを
してあげてください。

見返りを求めることなくやってみてください。
騙されたと思って。

それを毎日継続してできたら
1年後のあなたの環境は
協力してくれる仲間でいっぱいになります。

あなたが求めずとも助けてくれる、
協力してくれる仲間ができます。


それは大金持ちになることなんかよりも
大切な価値です。

なぜなら今ある社会はすべて
そのように成り立ってきたからです。


これからは
どんなに小さなことでもいいから

目の前の人がどうしたら喜んでくれるか?
何を手伝ってあげたら喜んでもらえるか?

考えながら実践してみてください。

与え続けると時間差で恩恵が来る話

価値を与え続けると人は喜び、時間が経ってから恩恵が来る。
っていう経験が最近ありました。


僕はセールスも仕事にしているから、
お客さんに対して商品を販売しているわけだけど、

ただお客さんに商品の説明をしてどうですか?
って聞いたところで買ってくれるわけがないから、必ずヒアリングから入っていく。


「そもそもこういったことに興味を持ったきっかけはなんですかー?」
「こういった経験はございますか?」


とかそういうところから聞いていって
本人の本当に望んでいることというのを聞き出した後に、
そこからマインドシェア、
分かりやすく言うと価値提供をしてあげるということをするんだけど



ここをしっかり話してあげるとすごく響く。
一見、セールスとは関係なさそうな内容でもいい。

例えば、
自己投資をどんどんすべきという話をすることがあって
その時に結構高いセミナーに参加するといいよって話をした。
それこそ1回10万円単位でかかるものに参加すべきだと話をした。

なんでかというと、そういうセミナーに参加する人たちっていうのは
基本的に意識が高い人、それこそ経営者とか投資家とか、
普通の人が払わない金額を支払って参加している人達だから
かなり普通じゃない人たちが来ている。

そういったところから繋がりを作っていけるから勉強になるし
普通に過ごす時とは、全然質が違う人脈を作ることができる。

お金をかけることによってそういった出会いが起こるから
どんどん自己投資をしていった方がいいんですよね~。
例えば今度のこういう講義とかおすすめですよ。

・・・


って話をしたり。


すると、相手の人は真剣に話を聴いてくれて

勉強になります。とか
ありがとうございます。とか

言ってくれるわけ。
伝わってよかったって思う瞬間だね。


セールスっていうのは相手が本当に求めているものが何かを聞き出して
それを解決していくためにはどうしたらいいのかを
一緒に考えてあげるもの。

それに対してこれいいですよって価値を提供してあげれば
自然と成約が出るようになる。


実際売上が立ったので嬉しい限り。

今日は特に何を伝えたいってわけでもないのですがとりあえず記事を書いてみました

こんなこと言ってたにも関わらず
ブログ書くのしばらくやめてました。笑

 

hikichi.hateblo.jp

 


もうブログいいやとか正直思っていたけど

久々に色んな人のブログとかを読んでから
また自分でも書いてみたくなって書いてみることにした。


なんで書こうと思ったかって
やっぱりブログ書くの楽しそうだなーって思ったから。
いいブログにしていくの楽しそうだなーって思ったから。

やっぱり楽しいのが一番だと思うし
僕が最近やっていて楽しいと思うのはパソコンに向き合って
色々やることだから。色々ね。笑

今後僕自身、さらにスキルアップをしていきたいと思っている。
新しいスキルも増やしたい。

セールスに関してはもうある程度のレベルまで行くことができたとは思う。
当然今後も伸ばしていくんだけど

新しいスキルとしてプログラミングを自分のものにしたいと思う。
自分が思っていることを実現させることが可能なのがこの力だと思ったから。

プログラミングができれば
アプリ作ることはできるし、サイトは作れるし
便利なツールを作る事もできる。

より求められる人になれる。
武器になることができることから
これはやりがいを感じることができるだろうと思って
ものすごく興味がある分野。

早く勉強してものにしていきたい。


これできたらぼくはもう一生楽しいと思うな。
だってなんかプログラミングできるってカッケーじゃん。
プラスで自分が思い描いていることを形作ることができる。

これほど面白い分野はなかなか見つけられないと思う。
あくまで僕の中での解釈だから気にしないでね。

とにかくおもしれーだろうなと思ってる。

これまでもプログラミングにはずっと興味は持ってたけど
別に自分がやるほどじゃないなって思ってた。
一から勉強してまでやらなくてもいいかなって。

ただ、ここ最近になって
僕の在り方とか、自分はこうなった時に幸せ、喜びを感じるんだっていうのが
僕の中で分かってきたときに、

猛烈にこのスキルが欲しくなったんだわ。

うわーこれできたらああいったものが作れるし、
ここでポジション取れるし、10年後さらに飛躍して
海外とかで仕事できるし戦えるじゃん。ってことを考えたら
めっちゃテンション上がっているのです。

とりあえず、もう勉強は始めていて、
なんとなくやってみてはいるんだけど
やっぱり俺、教わった方が早い人間だわ。

独学はペースが遅すぎる。
これじゃあいつまで経っても仕事できるようにならん。
自分が求めているライフスタイルを叶えることが難しくなる。

だから教えてくれる人いないか探そうと思っている今日この頃。

今後の働き方は「掛け持ち」が当たり前

どうも、ひきちです。
あんなに3ヶ月ブログを書くと意気込んだのに
挫折しました。笑

多分僕はプロブロガーみたいな人たちにはなれないかもしれない。笑
あんなに毎日ブログを更新する人たちには勝てぬと判断。

ということで僕はできる範囲で情報を提供していこうと思います。
僕なりにやっていくので
見てくれている人がいるのであれば何かのご縁ですので
ぜひ今後ともお付き合いください。


僕自身、今、仕事を3つほど掛け持ちしてる感じになってます。
複数仕事をしているスタイル。

その上で今投資ってものに目を向けております。
てかやってます。

お金を口座に預けるのもなんかもったいないので
投資しちゃってます。

もちろん、余ったお金でしかやってないですけどね。
じゃないとメンタル削られるんで。


収入源を複数持っておくスタイルは
間違いなく今後の時代的にも必要不可欠になってきます。

それこそ国会が副業推奨してますよね?
そういう施策を立てている。

今サラリーマンの方でも週3勤務のところが増えたりとか、
テレワークって形で働き方が変わったりとか。


僕からしてみればようやく世の中も
そういう動きになり始めたんだなーって感じですが。

思い返してみると
僕自身、4年前からビジネスに関わり始めたわけですが
周りの経営してる人たちや事業立ち上げてる人たちは
すでにそういった動きをしてたなーって思う。

会ったときからすでに。
だから何も新しい施策とかでもなんでもない。
てか事業やってる人、経営してる人からしてみれば普通。

ずっとやってるよって話で。
別に真新しいことでもなんでもないんだな。
テレワークとか特に。


働き方変わっていってるんだなと
改めて今日あるセミナーを聞きにいって思いましたとさ。


自己満足こそみんなが幸せになる

自己満足についてあなたはどう思いますか?

「自己中なやつ」

とかって思う人もいるかもしれませんね?


ですが果たしてそうでしょうか?
自己中なやつって言ってる人が
もしかしたら自己中かもしれません。


だってそうですよね?
自己中って思ってるということは

自分はこう思うとか
その意見は間違っている

とかって思ってるということ。
要は自分の考えがあるわけですよね?

じゃああなたの意見が全員にとって
正しいものなのかって聞かれたらどうですか?


ちょっと考えるはずです。


だって100%みんながそう思うという
意見はないから。

価値観なんてズレて当然なものです。


だってお金があるから豊かになるはずなのに
お金は悪いものだって思ってる人がいるぐらいですから。

お金持ってたらそんなこと思わないはずなのにね。


ですから100%全員が
価値観が一緒って思うことはありません。

じゃあそんな周りの意見を
考えてもしょうがないよねって話で。

結局は自分がどう在りたいのかです。
一番大切なのは。


僕は

「人の武器になる」

という理念がありますけど
それって別の人からしてみれば

「いいように使われるだけじゃん」
「全然自由じゃなさそう」

なんて思う人もいるわけです。

でも僕はそれがいいんです。
その方が面白いから。
てか、別に自由ではある。笑


だって自分が力つけて
その力を好きな人たちのために使える、

好きな人たちに喜んでもらえる
その人たちがさらに輝きを増す。
そんな大義を成し遂げられるわけですよ。

これほど面白くて楽しく、
やりがいがあることは他にない。


僕はそういったプロモーターのような
黒子で活躍する人間になれたら楽しいなって思うし
そのためにもっと力をつけていきたいと思う。

そしたら周りの幸せにもつながるから。

結構意識するといいのが
誰かを輝かせるナンバー2的なポジションを目指すといい。
意識的に。

そうすると自然と人に貢献しようとする動きができるので
結果的にいろんな仕事が舞い込んでくるようになります。
そしたら気持ちいいじゃないですか。

自分の力もつくし、周りに認められて、ちやほやされるし
尊敬してもらえるし。
結果的にね。


どうせ生きるなら
究極に自己満を極めてみましょう。

地力がある人が地力がある理由

大学生で地力をつけるためには
どうしたらいいのかって意外と難しくなくて

基本的には
コミュニケーション取れるようになれれば
あとは何とでもなるんですよね。
正直なところ。

なんかそんな勉強がものすごくできないといけないってわけでもないし
自分にものすごく特技が必要ってわけでもないし。

てかなんなら僕に関しては特技といえるものがないし。
なくてもフリーランスできたし。
自分がないならないなりに戦い方はあるし。

結果、一緒に遊んでた社長さんの元で今は仕事してるけど
それもコミュニケーションずっと取ってたからだし。
言ってしまえば、日本語しゃべれるならおっけーなんです。


だから僕が思うに
そんなに将来に対して否定的に思う必要はないかなと。
あ、僕だけですかね?笑


僕元々すごく将来に対して不安を抱いてたというか
この先生きていけるのか?ってレベルで悩んでた人なので。


ただ、それを思えるようになったのは
やっぱり自分とずっと向き合い続けてきたからっていうのはあります。


将来自分はどうしていきたいのか?
何がしたいのか?
どうなりたいのか?
どうありたいのか?
何が自分にはできるのか?


なんてことを友達とか仕事仲間と別れた後に
ずっと僕は考えてきました。
自分と向き合うということをしてきました。


なんでかってなんだかんだ

自分の今の現状をどうにかしていきたいと思ったから。
打開していきたいと思ったから。
自分自身、変わりたいと思ったから。
もっと成長したいって思ったから。

だからみんなが仕事に追われてたり、
テレビに夢中になったり、
誰かのうわさで持ち切りになってたりする中で
ひたすら自分と会話をし続けた。


そうしてようやく自分がどうしていきたいのかが
少しずつ見えてくるようになってきたなーって
書いてるうちに思いました。笑


なんだかんだ地力ある人とか
何かしらに関して成果を出してる人に
共通して言えるのは

そんな風に

「考えている」

からです。


そこに集約されるのかなーやっぱり。
コミュニケーション取るにしても考えないとだし
何するにしても考えないとだしね。

考えた結果、何も考えない人よりも成果出せるわけで。

結局考えてる人が勝ちます。
あ、ごめん、考えながら行動してる人だ。実際は。

考えても何もしなかったら結局考えてないのと一緒だからね。
まずは考えるクセ付けをするだけでも普通に見え方変わってくるかと。


例えば、友達と話してる時に

「今、どう思ってるんだろう?」
「なんであの動きをしたんだろう?」
「何がしたいんだろう?」

とかって考えながら話したりしてみると
思わぬところで気づきが得られます。


慣れてくると話口調や空気感で
相手の事が分かってくる。

これは慣れでしか分からないけど
ぜひやってみてください。

人と関わるのが面白くなりますよ。

実はあなたも仕事を掛け持ちするスペシャリスト

掛け持ちって言ってもバイトに限った話じゃないですよ?
大学生ってやることたくさんあると思う。

・恋愛
・バイト
・就活
・部活、サークル
・将来の事
・勉強

今テキトーに出しただけでもこれだけ出てきた。

でも僕がすごいと思うのは
大学生はこれらのマルチタスクを全てこなせるということ。

あなたも経験あるんじゃないかなと思う。

勉強して、バイトして、サークルに行って、遊んで
恋愛したり、将来について考えて・・・みたいな感じで。
やることめちゃくちゃ多いのに全部こなせるんです。

すごいなって思う。



たまにいるんだよね。


ビジネス始めようと思ってるけど
複数のことをするのが苦手だからまずは勉強して
卒業してからスタートしようと思います。


って人。

でも、よくよく聞いてみるとその人は
勉強だけじゃなくてバイトもしてるしサークルも行ってるし
友達とも遊んでるし、なんなら一つ習い事行ってたりするし
バリバリマルチタスクをこなしている。


なのにビジネスになった途端に
どうしようかなーとか言い出すんです。
おいおいと。ジム行ってんじゃねーか君。

優先順位をしっかり選べばできないことはないだろう。
なぜ考えないんだ。。

っていう人がいるからもったいない。


みんな実はマルチタスクできる人だから
落ち着いて対処していきましょう。

自分から話さない人見知りならではの会話術

「なかなか会話が続かない」
「この人と何話したらいいんだろう?」
「この沈黙が気まずい・・・」

なんて人と会話をしていく中で
あなたは感じたことはないだろうか?


僕自身も根本は人見知りだ。

それこそ知り合いでもない人に
話しかけるなんてことは苦手だったし

知り合いですら、自分から会話を振ることはめったになく、
ずっと聞いてる側でいた。

学校の登下校で友達と3人で帰っていたとしたら
2人の会話をひたすら聞いてるタイプの人間だったわけ。


そんな人見知りな僕が
幸か不幸かセールスを仕事にするようになった。

この仕事を選んだのも
なんとなく人前で堂々と話せる人とか
楽しそうに会話する人たちが楽しそうだなって思ってて
克服したいという思いがあったから。

その結果、どうなったかというと
初対面の人でも物怖じすることなく話すことができるようになった。


だがしかし、人見知りを克服したわけではない。
なったんだけど、実は人見知りが治ったわけではない。
いまだに僕は人見知りだと思う。

じゃあそんな僕がどうしてセールスできるようになったのか
バンバン売上出せるようになったのか。
堂々と会話ができるようになったのか。

それは、

「人見知りならではの会話術」を会得したからに他ならない。


セールスという仕事を始めて最初の頃は
全然お客さんと話すことができなかった。

もろに人見知りを発揮し、
次に何を話したらいいのか分からない。

なんとか商品の説明はするものの
一切お客さんには響かず、断られてしまう。


友達との会話でもそう。
僕が話すと会話が続かない。
なぜか気まずい空気が流れる。

自分が話すたびに
冷や汗が当時は止まらなかったのを覚えている。


そんなときに、僕はあることに気付いた。
それに気づいてからはその気づいたことを意識して
ひたすら実践した。

するとどうだろうか。
なんと相手がずーっとしゃべり続けるのだ。
しかも気持ちよく、楽しそうに話している。


「これだ!」と思った。


そう、人見知りならではの会話術とは

「自分が話さずとも相手に話させて会話を成立させる」

というものである。


僕はびっくりした。
あまりに相手が話すから。
しかも時間を忘れるぐらい話してくる。

そして最後になんて言われるかというと

「ひきちさんにしかこんな話したことない」

って言われるのだ。
こんなうれしいことはない。

「してやったり!」

なんて気分になる。


じゃあ具体的に
どのようにしてダムが決壊したかのように
相手のしゃべる口がおさまらないほどの
聞き上手になれるかというのは

LINE@にてその方法を公開してる。
PDFにまとめておいたのでぜひチェックしてみてほしい。

↓ LINE@登録はこちら ↓

地力を引き出す唯一の法則

このブログでは自分の地力を引き出して発揮していくために
どうしていけばいいのかを色々書いているけれど、
結局それを引き出していくためには一つの法則しかないと思ってる。

逆にこれ以外ないよなーって思ってて。
結果的に。

他に方法がないかなーとかあらゆる手段を探してみたけれど
結局、自分が本来持っているポテンシャルっていうのを
引き出していくためにはこの法則しかないなと思った。



あなたがもし、この法則を知って、
その通りに今後実践していけば、
間違いなく自分の本来の力っていうのは出せるようになるし
自分が何が得意なのか、好きなのかが明確になる。


さらに言ってしまえば、
今後社会に出てからも引き出したポテンシャルを活用して
社会貢献していけばいいから、仕事で自分が活かしやすくなる。

この法則使ったら
誰しもが仕事楽しくなると思うんだよね。


僕は今仕事をしていてものすごく楽しいからさ。
みんなにも仕事が楽しいものだということを共有したいし
ぜひやってみてもらいたい。

なんかね、自分が思い描いていたことが
形になっていく感覚がたまらなくおもしろいんですわ。
考えていたことが体系化されることの楽しさをみんなもっと知った方がいい。

そういうのを考えるのめんどくさかったりするかもしれない。
時にはダルくなっちゃうだろうし、眠くはなるし
辞めたくもなると思う。


けど、それを乗り越えた先はものすごいよ。
ぜひ、この法則をしっかりと実践してやってみてもらいたい。



では、その法則とはなにかというと

「成功=失敗しながらうまくいくまでやり続ける」

ということ。


成功する前にやらなければならないことっていうのは
僕は失敗だと思う。
てか成功するためには失敗するのって当たり前に起こること。

だから失敗を恐れる必要はなくて
本当はむしろどんどん失敗すべきなんだよね。

失敗していけばだんだん材料がそろってくるわけじゃん。
こうしてダメだったからああして、そしたらこれもダメだったから
次はこうして・・・

みたいな感じでトライ&エラーを続けていくんだ。
そうしていくとどうなるかというと
だんだんその中でちょっとうまくいくことが増えていく。

失敗をしていきながら、「ちょっとうまくいったこと」を積み重ねていけば
大きな成功に繋がってくる。

要はできるまでやればいいんだよね。
できるようになるまでやっちまえばいい。
続けるんだ。

諦める必要はない。
一度失敗して諦める人いるけど
それってものすごくもったいないこと。

次やったらうまくいくかもしれないのに。
諦めるのが早すぎる。


僕は競争とかそういうのは正直得意な方ではない。
てか苦手。

なんだけど諦めは結構悪い人なんだよね。
うまくいくまでやろうとする。
その中でどうしたらできるようになるか考えて考えてやってみて
また考えて実践して。ってことができる。

けどこれって正直誰でもできる。
ただ、みんなやらないからなだけ。

「失敗しながらうまくいくまでやり続ける」

ってことは今後何をするにしても
必ず覚えておいてほしい。

簡単に考えるようになる方法

考えることって正直めんどくさい。
昔の僕は考えるのものすごく苦手だった。
面白くも何にもない。
 
そんな風に思ってたけど、仕事をする以上はどうしても考えていかないといけないんだよね。
思考力ってのをつけないとあかんわけです。
身体使う仕事より頭使う仕事の方が稼げるからね。
 
 
今回、そんな頭を使うのが苦手な人たちがどうやって考えればいいかをお伝えしていきます。
 
このやり方を取り入れると自然と考えるようになるし
それだけじゃなくて勝手に自分の頭の中が整理されてくる。
 
何かというと
 
「書く」
 
ということ。
 
よく言われてると思うんだ。
まず書くといいよって。
 
あれなんでだかわかります?
 
 
考えようとすると人って基本的に頭だけで
あーでもないこーでもないみたいな感じで考える人がおおいけど
それって結構無駄な時間を過ごしている人が多い
 
考えているようで考えてない時間が結構多かったりする。
あなたも経験があると思う。
なんか気づいたら結構時間経ってんだけど汗
みたいな状況。
 
でも書くことによって自分の頭の中で考えていることが可視化することができるようになるからめっちゃ便利。
頭の中のぐるぐるを出すためには書くってことが重要なんだ。
 
あるじゃん。頭の中のぐるぐるって。
なんか言葉になってないやつ。
 
書くことでその頭の中のぐるぐるを翻訳することができる。
 
ここでポイントなのは
何を書くかを考える必要はないってこと。
 
この作業は、考えるために書くんだ。
書くことによってさらに考えるようになるし頭の中でこうしたい、ああしたいっていうのが
言葉となって表れてくる。
 
 
だから何かしら考えるときっていうのは「書く」って行動がすごくいい。
ぜひやってみてほしい。
 
特にそのことについて書いてるこちらの本はすごく勉強になる。
僕もこの本を読んで実践しているのだけれど
頭がすげーすっきりするんだよね。
ぜひやってみて戴きたく思います。
 
 
ということで今日は以上。