言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

本当にあなたのことを思ってくれている人はあなたに何も言わない人

20記事目

 

よく、「確認」が大事だと言う。

 

人は自分のことについては見えにくいがゆえに、

どうしても自分がやっていることや、自分のしたことに対して、

現実よりも低い評価を下してしまうことがあるもの。

 

うまくいかないケースで一番多いのは

実は「自滅」だと思っている。

 

周りは案外高く評価してくれているのにも関わらず、

自分自身で自分を低く評価してしまい、

そう感じていることを誰かに打ち明けることもできず、

 

正当な評価を得ること、感じることができない。

 

本当は「いいな」と思ってくれている人もいるけれど、

その思いは届かない。

 

基本的に、わざわざ声をあげてくれる人はそんなにいない。

 

「いいな」と思っている人も、

わざわざ毎回そんな声を聞かせてくれるわけじゃない。

 

サイレントマジョリティという言葉があるが、

多くの人はサイレントだ。

 

逆に、ネガティブな人ほどうるさい。

やっかいだが、そういうものなのだ。

 

あなたのことを本当に大事に思ってくれている人ほど、

普段はサイレントモードであることが多い。

 

例えばあなたがブログを書いているとすれば、

本当に思いを持って読んでくれている人は、サイレントに熟読してくれている。

サイレントに心を動かしてくれている。

 

あなたが大事にすべきなのは、そういう人だ。

僕も、ブログを書くときは、そういう人のことが頭にある。

 

話が逸れたが、

必要以上に自分のことを低く評価しないこと。

なかなか反応がないなと思っても、淡々と続けていくこと。

 

とにかく、自分で勝手に諦めないことが大事だ。

 

自分がやりたいこと、心が喜ぶことについては、

自分にやらせてあげること自体に価値がある。

 

勝手に低く評価せず、勝手に諦めず、

自分が好きなことを続けていこう。