HIKICHI OFFICIAL BLOG

稼ぐ力をつけ、人生最大のリスクヘッジを図るブログ

『3日坊主』から簡単に卒業できる方法

f:id:hikichijunta:20161105194014j:plain

 

きちです。

 

今日セミナー講師をしてきて

「モチベーション」についての話をしてきた。

 

「やる気が出ない」

「続けようと思っても3日坊主」

「生産性がない毎日を過ごしている」

 

この記事を読んでいるあなたは

まさに今何かそういったモチベーションについて

悩んでいてそれを解決したい人なんだと思う。

 

 

僕がこれからやってきたことや

セミナーで話したことをシェアするので参考にして欲しい。

 

 

これから僕が話す内容は

 

よし!やるぞ!

 

って意気込んで最初は勢い良くできるけど

日が経っていくに連れて

だんだんと最初意気込んでいた気持ちが薄れていき

3日後、

 

「まあ、今日はいいかな?」

 

とか言ってサボりはじめ

結局やらなくなってしまう。

 

そんな「3日坊主」で終わってしまうって人には

特に効果的な方法。

 

そしてあなたの常識を覆し、

新しい知識を話していくので

しっかりと目を見開いて最後まで読んで欲しい。

 

 

まずモチベーションというと

 

「モチベーション上がる」とか

「モチベーション下がった」とか

 

そういう風にモチベーションって言葉を使うけど

実はそもそもそういう使い方自体違う。

 

 

モチベーションというのは何かというと

 

「人が何かをする際の動機づけや目的意識」

 

のことで、

つまり動機づけや目的意識のことを指す。

 

 

だからモチベーションが上がるとか

そういった使い方って違くて

 

その使い方はどちらかというと

「テンション」にあたる。

 

主に「テンション」っていうのは

短期的なもので

イメージとしては「着火剤」みたいなもの。

 

一時的に燃え上がるけど

しばらくするとすぐに消えてしまう。

 

 

 

一方、モチベーションというのは

長期的なもの。

イメージとしては「炭火」。

 

バーベキューで火を起こしたことがある人は

わかると思うけど、最初火は小さい。

簡単には燃えないと思う。

 

ちゃんとうちわとかで風を起こして

地道にジリジリと燃やしていくことで

段々と火は大きくなっていく。

 

 

モチベーションもまさにそうで

そもそも簡単には上がっていかないし

実は上げようと思って上がるものでもない。

 

モチベーションは

 

”アガっていくもの”

 

本来、モチベーションは

勝手に上がっていくものなんだという

認識を持って欲しい。

 

 

じゃあどういう風に

モチベーションは”アガって”いくのか?

 

 

それはうちわがヒントになる。

 

 

炭火の火を起こす時に

うちわで風を起こすと思うけど

そこであなたは少なからず

「風を起こす」というエネルギーを使う。

 

 

つまり、モチベーションが上がっていくためには

エネルギーを積極的に使っていけばいい。

 

「エネルギー使ったら疲れちゃいますよ」

 

って思う人がいると思うけどむしろ逆。

どんどん使っていったほうがいい。

 

エネルギーにも循環は必要で

常に自分の中のエネルギーを使っていくことで

新しいエネルギーが補充され、

しかもそのキャパは広がっていく。

 

 

単純な話、

 

「家で寝てエネルギーを補充する」

 

っていう人より

 

「バリバリ行動してる人」

 

の方がエネルギーあるでしょ?

 

 

もちろん休むべきところは

しっかりと休むべきだけど

 

その代わりその分どんどん行動して

エネルギーを使っていったほうが

結果的にエネルギッシュな人間になることができる。

 

 

 

あなたの中にあるエネルギーは

もったいぶらずにどんどん使っていこう。

 

 

 

Webフリーランス・コーチ ひきち公式メルマガ登録はこちらから。

 

 

”FランTHE大学生”が自立する無料プログラムはこちら。

『”THE大学生”完全自立プログラム無料申し込みフォーム』はこちらから。

 

ビジネスをもっと身近にし、自立をするために。LINE@やってます。