自分の武器を見つけ出し、ゼロから独自のビジネスを持つ技術

あなたの武器を見つけ、ブログでゼロから独自のビジネスを持つための方法を書いてます。ブログ主は言葉の力だけでフリーランスとして生活してる人。

自己主張苦手なあなたが意識することなく自然と自己主張する方法

「自分から話題を出すのが苦手」
「話を切り出すことができない」
「何話したらいいか分からない」

なんてあなたは思ったことないだろうか?


これ僕自身がものすごく苦手だったこと。
だって自分が思ってることを話しても
誰も聞いてくれないと思ってたから。

今思うととんでもない被害妄想なんだけれども(笑)


なんか自分が思ってることを話すことに対して
抵抗を感じてた時期があった。

だから僕は基本的に自分の話をすることが苦手だし
自分の思いとかを口に出すことがなかなかできない人だった。

ただ、それでも思っていることはたくさんあった。

「もっとこうした方がいいんじゃないか」
「これしたら面白そう」
「こうなったらいいのに」
「こうしていきたい」

とかって人見知りって自分で思ってる人は
口には出さないけど思ってることってあるんだよね。


今回はそんな人でも
自分が思っていることを話せる状況を作り出す方法をお伝えしよう。


この方法を知ってしまえば
あなたの話を相手は喜んで聞いてくれるようになるし
楽しく会話することができる。

自分が思っていることに対して共感をしてくれるようになるから
あなたも楽しく会話ができるし、
自分の発言に対して自信を持つことができるようになる。


これは結構あなたにとって価値あるんじゃないかな?
究極な話、就職活動とかでも使える。



じゃあそれは何かというと

「相手の話題に対して共感をすること」
「そのあと自分の意見を話す」

というもの。


単純に会話の構成として
相手の話したことに対して共感をしてあげてから
自分の意見を話してあげると相手は自分の話を聴いてくれるようになる。

なんでかって相手はあなたに自分の話を聴いてもらったから。
受け入れてもらえたから。
そりゃ相手の話も聞いてあげようってなるもんね。


じゃあ具体的にどう会話をするのかというと

1.相手が言った言葉を復唱する。
2.その言葉に対して返事をしてあげる。(いいね~とか)
3.その言葉に対して自分の感想を話してあげる
4.その話題に対してさらに質問をする

主にこの4つ。


実はこれ、雑談する時の黄金の公式なんです。
実はね。

この公式で会話を繰り返していくと
どうなるかというと
相手はだんだん3の段階であなたが質問する前に
また話し始めるという構図が生まれるんだ。


女の子同士の会話とかってすごいじゃん。

A「この前こんなことがあって~」
B「えーそんなことがあったんだー。やばいねー」
A「でしょー!それでねそれでね・・・」

みたいな感じで会話成立するでしょ。
遂に「やばいねー」だけで会話が成立するようになる。
女の子の会話が永遠に続く理由がこの構図なんだ。


だからあなたも雑談するときは

1.相手が言った言葉を復唱する。
2.その言葉に対して返事をしてあげる。(いいね~とか)
3.その言葉に対して自分の感想を話してあげる
4.その話題に対してさらに質問をする

このステップを頭に入れて
会話をしてみると面白いですよ。

自分の主張もできるし
相手は気持ちよく話すしで。


ということで今日はこのへんで(-ω-)/