言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

地力がある人が地力がある理由

大学生で地力をつけるためには
どうしたらいいのかって意外と難しくなくて

基本的には
コミュニケーション取れるようになれれば
あとは何とでもなるんですよね。
正直なところ。

なんかそんな勉強がものすごくできないといけないってわけでもないし
自分にものすごく特技が必要ってわけでもないし。

てかなんなら僕に関しては特技といえるものがないし。
なくてもフリーランスできたし。
自分がないならないなりに戦い方はあるし。

結果、一緒に遊んでた社長さんの元で今は仕事してるけど
それもコミュニケーションずっと取ってたからだし。
言ってしまえば、日本語しゃべれるならおっけーなんです。


だから僕が思うに
そんなに将来に対して否定的に思う必要はないかなと。
あ、僕だけですかね?笑


僕元々すごく将来に対して不安を抱いてたというか
この先生きていけるのか?ってレベルで悩んでた人なので。


ただ、それを思えるようになったのは
やっぱり自分とずっと向き合い続けてきたからっていうのはあります。


将来自分はどうしていきたいのか?
何がしたいのか?
どうなりたいのか?
どうありたいのか?
何が自分にはできるのか?


なんてことを友達とか仕事仲間と別れた後に
ずっと僕は考えてきました。
自分と向き合うということをしてきました。


なんでかってなんだかんだ

自分の今の現状をどうにかしていきたいと思ったから。
打開していきたいと思ったから。
自分自身、変わりたいと思ったから。
もっと成長したいって思ったから。

だからみんなが仕事に追われてたり、
テレビに夢中になったり、
誰かのうわさで持ち切りになってたりする中で
ひたすら自分と会話をし続けた。


そうしてようやく自分がどうしていきたいのかが
少しずつ見えてくるようになってきたなーって
書いてるうちに思いました。笑


なんだかんだ地力ある人とか
何かしらに関して成果を出してる人に
共通して言えるのは

そんな風に

「考えている」

からです。


そこに集約されるのかなーやっぱり。
コミュニケーション取るにしても考えないとだし
何するにしても考えないとだしね。

考えた結果、何も考えない人よりも成果出せるわけで。

結局考えてる人が勝ちます。
あ、ごめん、考えながら行動してる人だ。実際は。

考えても何もしなかったら結局考えてないのと一緒だからね。
まずは考えるクセ付けをするだけでも普通に見え方変わってくるかと。


例えば、友達と話してる時に

「今、どう思ってるんだろう?」
「なんであの動きをしたんだろう?」
「何がしたいんだろう?」

とかって考えながら話したりしてみると
思わぬところで気づきが得られます。


慣れてくると話口調や空気感で
相手の事が分かってくる。

これは慣れでしか分からないけど
ぜひやってみてください。

人と関わるのが面白くなりますよ。