言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

簡単に考えるようになる方法

考えることって正直めんどくさい。
昔の僕は考えるのものすごく苦手だった。
面白くも何にもない。
 
そんな風に思ってたけど、仕事をする以上はどうしても考えていかないといけないんだよね。
思考力ってのをつけないとあかんわけです。
身体使う仕事より頭使う仕事の方が稼げるからね。
 
 
今回、そんな頭を使うのが苦手な人たちがどうやって考えればいいかをお伝えしていきます。
 
このやり方を取り入れると自然と考えるようになるし
それだけじゃなくて勝手に自分の頭の中が整理されてくる。
 
何かというと
 
「書く」
 
ということ。
 
よく言われてると思うんだ。
まず書くといいよって。
 
あれなんでだかわかります?
 
 
考えようとすると人って基本的に頭だけで
あーでもないこーでもないみたいな感じで考える人がおおいけど
それって結構無駄な時間を過ごしている人が多い
 
考えているようで考えてない時間が結構多かったりする。
あなたも経験があると思う。
なんか気づいたら結構時間経ってんだけど汗
みたいな状況。
 
でも書くことによって自分の頭の中で考えていることが可視化することができるようになるからめっちゃ便利。
頭の中のぐるぐるを出すためには書くってことが重要なんだ。
 
あるじゃん。頭の中のぐるぐるって。
なんか言葉になってないやつ。
 
書くことでその頭の中のぐるぐるを翻訳することができる。
 
ここでポイントなのは
何を書くかを考える必要はないってこと。
 
この作業は、考えるために書くんだ。
書くことによってさらに考えるようになるし頭の中でこうしたい、ああしたいっていうのが
言葉となって表れてくる。
 
 
だから何かしら考えるときっていうのは「書く」って行動がすごくいい。
ぜひやってみてほしい。
 
特にそのことについて書いてるこちらの本はすごく勉強になる。
僕もこの本を読んで実践しているのだけれど
頭がすげーすっきりするんだよね。
ぜひやってみて戴きたく思います。
 
 
ということで今日は以上。