自分の武器を見つけ出し、ゼロから独自のビジネスを持つ技術

あなたの武器を見つけ、ブログでゼロから独自のビジネスを持つための方法を書いてます。ブログ主は言葉の力だけでフリーランスとして生活してる人。

自分で収入を得る力をつけておけば将来どう転んでも強い

まず始めに、
今回の記事であなたに5分ほどお時間をいただきたい。

というのも、今大学生のあなたにとって重要かつ僕が大学時代に頭を抱えて悩んできて出した、大学生はこうすべきということをお伝えしていきたいから。


昨日こういった記事を書いてみた。

hikichi.hateblo.jp

 
ちなみにこの記事に関しては完全に自己満です(笑)
ただ、見る人によっては勇気づけられる記事なんじゃないかなと思う。

特に、

自分には何も特徴とかがないと思ってる人だったりとか
自分がこの先どうしていけばいいか分からない人とか
何かしたいけどなんとなく毎日過ごしちゃってる人とか

自分というものが特にないって思ってる人にとってはそれでも活路はあるってことが多少なりとも分かるから。


そんな風に思ってる大学生は実は結構いる。

僕もそんな大学生だったし。

そして僕が思うのは、そういう大学生だからこそ

何かしらの収入を得る方法を身につけておくことで他にはないアドバンテージを得られるという確信がある。

特に大学生のうちにビジネスを立ち上げて実践する経験は絶対的にしておくべき。

 

 

 

なぜ大学生のうちからビジネスをするべきなのか

絶対って言えるほど僕は大学生のうちからビジネスをしておくべきとあらゆる人におすすめはしてる。

理由は主に3つある。

  

・大学生は社会人と比べて圧倒的に時間がある
・大学生のうちに自分で収入を得られる経験をしておけば将来的な選択肢が増える
・大学を卒業してから独立しようが就職しようが知識、経験が活かせる

 

本当はもっと深堀するとあるんだけど
主にこの3つになる。
それぞれ解説しますねー。

 

 

大学生は社会人と比べて圧倒的に時間がある

人生において最も重要なのはあなたの時間。

その時間をどう活用していくかでその人の人生が決まってくるなんてことは分かってると思う。

ただ、大学生は時間は有り余ってる人が多いし遊びたくなる気持ちも大いに分かる。

僕も実際遊んでたし。

ひたすら講義を受けずに遊んでた親不孝な時期もあった。

昼から友達と飲み明かすってこともしてきたし。


でも、そんな僕がどうなったかというと大学3年の終わり頃になってものすごく自分の将来に対して不安を感じるようになった。

遊んできただけでロクに何もしてこなかったし、将来に関して何も考えてこなかったから。

当時は自分の今後がものすごく怖かった。

何もできねーやつが社会に出て生き残れないと思ったから。

考えるたびに胃が痛くなる思いをしてきた。


だからその不安を取り除くために僕はビジネスを始めたんだけど、結果的にやって正解だった。

まだ卒業まで時間があったから。(その後僕は大学を中退しました)


でももし社会人だったらどうなるか?

社会人になったら仕事に追われてなかなか自分のプライベートな時間を取ることも大変になってくる。

休みが取れて週2日。

ヘタしたら週1日休みのところすらある。


中には朝6時に出社して夜12時に家に帰る生活をしてる社会人だっている。

当然こうなるとは限らないけど、もし仮にあなたがこのような状況になってしまったらどうだろう?


当然、その会社にもよるけどたいていの人は、「こんな会社やめたい」って思うはず。

「けど今やめたら収入がなくなるから働かないと」
「じゃあ辞められるように自分で収入を得られる方法をこれから実践していこう」

そんな風にもし、考えるようになったとしてもだよ?

時間取るの相当大変だと思わん?

全然時間取れないってなるし集中できるかっていったらなかなか難しい。

社会人って思ってた以上に大変だから。

クタクタになりながら睡眠時間を削って1日1時間作業をしたあと寝て起きて会社行って帰った後に眠い目をこすりながらパソコンに向かって作業をして寝て起きて・・・

っていう生活をしながら稼ぐ力をつけていかなければならない。


もし仮に就職した会社の給料以外にも収入を得たい、もしくは得なければならない状況になったとき、勤めてる会社が激務だったらどうするの?

って僕は思う。


だから少なくとも大学生の時間がある今のうちに稼ぐ力をつけておくべき。

やって損はないからさ。

 

自分で収入を得る経験をしておけば将来的な選択肢が増える

自分で収入を得る経験をすることは、

就活で100社面接を受けるよりも、
インターンで企業に入って働きながら仕事の勉強をするよりも、
何かしらの資格の勉強して実際に資格を取ることよりも
テスト勉強で良い点数を取ることよりも
みんなが知ってる会社の社長と一度話したことがあるなんてことよりも

人生において圧倒的に価値がある経験だと言える。


なぜかって理由はシンプルで日本で稼ぐ=生きることに直結するから。

生活をしていく上では現状日本では間違いなくお金がいる。


家賃とか食費とか水道光熱費とか税金とか諸々かかってくるのはみんな分かっていると思う。

だからみんな就職をして給料をもらう生活をするのが一般的な発想。

でももし自分の力で収入を得る力があれば究極な話どこかの会社に勤めなくても生きていくことはできるようになるよね。

必ずしも会社勤めだけが選択肢じゃなくなるわけだ。

さらに大きくして会社にしてもいいし、会社の規模にしない程度にやってみてもいいし、逆に会社に勤めて給料をもらいながら自分でも収入を得るって選択もできる。

じゃあ自分はどれがいいんだろうって選べるようになる。


それって今まで就職しか見えてこなかった時よりもずっとすごいこと。
だから僕は大学生のうちからビジネスをやってみる価値というのは大いにあると確信をもって言うことができる。

 

 

大学を卒業してから独立しようが就職しようが知識、経験が活かせる

ぶっちゃけ自分でビジネスを立ち上げて収入を得るという経験はものすごく価値が高い。

事業コンセプトの設定、販売戦略、商品作成、商品選定など、ビジネス全体を通じてあらゆる知識を得られるし実践して使うからより自分の血肉とすることができる。


独立する際は当然のこと、会社勤めを考えている人も僕は、自分でビジネスを立ち上げて収入を得る経験をしておくべきだと思っていて、

なぜかというとビジネスの全体像がすでに分かってる状態だから会社がどうしていきたくて、今自分がしている仕事がどこに繋がっているのかが分かるから仕事自体が楽しくなってくる。

仕組みが分かると仕事って実はめちゃくちゃ面白いんだぜ。

  

大学生諸君、やるなら今のうちだぜ

いずれにせよ、自分の人生を考えなきゃいけないタイミングっていうのはいつかは訪れる。

その時になって慌てるのか、今はとりあえず就職でいいやって思うのか、今のうちから動いて自分の選択肢を増やしておくのか。

それによって将来の自分がどうなるかが決まる。


大学生のうちからビジネスに取り組んでおけば、なかなか学生のうちは見えてこない「仕事」っていうものがなんなのかが見えてくるから、社会人になりたくないっていう変な抵抗感もなくなってくる。

僕は別に就職が悪だとか、今の時代独立して生きていくことが正義だとか、そんなことを言いたいわけじゃなくて仕事ってハマったら楽しいんだぜってことを伝えたい。

そのためにもまず自分の力で収入を得る力をつける、選択肢を増やす動きをしていくことが大切なんだ。


未来の自分に今後ずっと笑って過ごしてもらうためにも、今立ち上がって動いてみませんか?