自分の武器を見つけ出し、独自のビジネスを持つ技術

あなたの武器を見つけてビジネスにする技術をお伝えする、もしくは一緒に創り上げていきます。

【何もできなくて良い?】女性経営者から学んだこと

昨日、ある女性経営者の方とお会いした。

 

その方は僕よりも5歳年上の28歳。

すでに結婚をされている方が

わざわざ僕に時間を割いてくれた。

 

ありがとうございました。

 

 

というのも僕が

どうしてその方のお時間をいただいたのかというと

自分の武器についての話を聞きたいと思って

お時間をいただいた。

 

 

快く了承してくださった。

 

 

昨日話したことをそのままシェアしていこうと思う。

 

 

あなたがこれを知ると

ビジネスって意外と始めてみると良さげだな。

ちゃんとやればできるようになるんだな。

 

って思うことができるようになる。

 

やりたいことが特になくて

自分自身に特徴が特にない自分だったとしても

やってもいいんだなっていうのをお伝えしていく。

 

 

 

昨日その女性社長と話していて面白かったのは

どうして事業をやろうと思ったのか?

 

という質問に対してそこから膨らんでいったこと。

 

 

あ、その前に僕がその女性社長と話していて

これはあなたも実践できることだなと思ったのでシェアをする。

 

 

昨日、わざわざ社長をしているにも関わらず、

僕に時間を割いてくれたわけだけど

そこで思ったのは

 

社長をされている方は器が広い。

懐が深い。

 

そんな風に感じた。

 

なんでかって23歳の若造に

ちゃんと時間を作ってくれるからだ。

 

そういうのって大事だなって思った。

 

一つ一つの出会いに対して真摯に向き合う。

僕はその方に比べるとまだまだなので

姿勢から学んでいきたいと思っている。

 

 

 

あとは話をしていてすごく気が楽になったのは

 

「苦手でもいい」

 

ということだ。

 

 

 

経営者というのは基本的にめんどくさがりな生き物。

そこでその方から教わったのは

 

「究極のめんどくさがりになれ」

 

ということだった。

面白いよね。

 

 

どういうことかっていうと

まず前提としてもちろん突き詰めていけば

ある程度自分もできていないといけないという部分はあるけど

 

ただ、自分ひとりでやろうとしないでいい。

どんどん人に任せることによって

繋がりはできるし、仕事は大きくなってくるし

 

何より人に対してもっと興味が持てるようになる。

 

 

ということを話していた。

 

 

自分の武器を探そうと頑張っている、

自分にしかできない特別なものはなんだろう?

 

っていう風に自分の存在意義を探すんじゃなくって

 

現実はもっとシンプルで今やっている仕事が

本当に今自分にとって必要なことなんだ。

 

 

今目の前にあることをどれだけ全力でやるか。

本気でやっているか。

 

どれだけ考えられているか

考える力っていうのがものすごく大切。

 

 

文章雑になったけど

昨日の学びはそんな感じ。

 

目の前にあることに対して

本気で取り組もう。

 

 

より深い内容はメルマガに書いています。こちらからどうぞ。

Webフリーランス・コーチ ひきち公式メルマガ登録はこちらから。

 

 

”FランTHE大学生”が自立する無料プログラムはこちら。

『”THE大学生”完全自立プログラム無料申し込みフォーム』はこちらから。

 

ビジネスをもっと身近にし、自立をするために。LINE@やってます。