言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

「快」の状態が自分を動かす

スクリーンショット(2015-05-26 23.17.47)
22記事目
 

今までたくさんの「行動できません」という人に会って来たけれど、

多くの人が、「快」の感情を置き去りにしてしまっていると感じます。

 

実際、自分が大学生ながら

ビジネスをなんとかできるようになったのも、続けられているのも

結局は「快」の感情があったから。

 

ビジネスをするのが楽しかったし、

目標に向けて頑張るのが楽しかった。

 

大事なので、もう一度。

 

ビジネスが楽しかった。

実践するのも勉強するのも

問題を解決するのも、考えるのも

一歩一歩前に進んでいる実感が得られるのも。

 

 

楽しくて、そこには「快」の感情があった。

本気でやっているというよりも、

「夢中」でやっているという感じ。

 

上手くいかない人はいつだって、

あまりにも「修行感」が強すぎて、

短期間はできても長期的に行動することができなくなってしまう。

 

 

修行をするにしても、そこに「成長する喜び」などの

快の感情がないと厳しい。

苦しみながらやるのは、長期的には続かない。

 

心が鬱々としてしまって、

解放された状態になることができない。

 

朝起きるときも「ああ、またやらなきゃ」となって起きる。

それでは人生楽しくないでしょう。

 

 

もっと自分が好きなものや、

達成すると嬉しいこと、ドキドキするようなことを考えていい。

 

そういうものに意識を向けることを自分に許可することが大事。

 

何となく自分の状態が「重く」なってしまう人は、

ぜひ、面白いことや楽しいこと、

自分にとって価値のあるもののことを考えてみて欲しいと思います。

 

 

私の場合、カッコイイものやオシャレなものが好きで、

自分の好きな世界というものがある。

 

 

日々そういったものに接しているし、

そういうものに接しているだけでテンションが上がってくる。

 

テンションが上がるというか、

基本的な状態が良くなって、楽しくなってくる。

女性だったら、かわいいもの、キレイなものなどに日々接してもいい。

 

好きなもの、テンションの上がるもの、

自分がそうなりたいと思うものに日々触れる。

 

そうではなく、

何かを達成するときのネガティブな面にばかり目を向けていると、

 

「大変そうだから、やりたくないな」

「何とか、やらないで済ませられないかな」

 

なんてことを考えるようになります。

 

 

何かを「する」ということが、

必要以上に大変なことになってしまう。

 

そうではなく、自分自身の状態を良くしていく、

ということを考えてみると良いです。