言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

磨かれないままでいる武器があるせいでイラモヤが起こる

スクリーンショット 2016-02-05 11.56.45
19記事目 

 

何となく毎日に停滞感を感じる。

何かをしたいとは思うけど、何をしようと悩み、その悩みの中で日々が過ぎていく。

 

そういうときって、あるかもしれません。

そういうときは大抵、本当は磨きたい自分の武器を磨いていないとき。

磨くことを自分に許可していないとき。

 

自分がちゃんと磨きたいものを磨いていないから、

しっかり武器を磨いて活躍して、しかもお金をもらって、

という人を見たときにイラモヤする。

 

そのイラモヤは、自分が自分に好きに

やらせていないことによるイラモヤであって、「その人」は何の問題もないし、

「その人」を止めようとしたって無駄。

「その人」を非難したって無駄。

全ては「自分」の問題だから。

そしてある意味「その人」は、自分がなりたい姿、したいことをすでに表現してくれている人でもある。

 

「頑張らない」が流行って久しいですが、

頑張りたいことをちゃんと自分のために頑張る

こともすごく大事なことです。

 

頑張るという言葉は少し言いたいことを伝えきれていない感がありますが、

したいことを「する」ということ。

 

頑張らないことを頑張っている人は、苦しそうです。

 

 

逆に、自分がしたいことまで止めてしまうから。ジャッジしてしまうから。

自分には、「頑張りたいこと」だってあります。

それは、武器を磨くことです。

 

自然に意識が向いてしまうこと、自然にやりたくなってしまうこと、自然に極めたくなってしまうこと。

 

そこに「武器」があるわけですが、

磨かれないままでいては、すごくフラストレーションが溜まる。

 

なぜか?

 

心の中の自分は「できる」ことを知っているから。

「やれる」ことを知っているから。

それらを知っているし分かっているのに、実際にはやっていないから、イラモヤする。

 

子供がおもちゃで遊んでて、ずっと長時間遊んでて、それを親が見て、

「頑張っちゃダメよ!」と言い始める。

 

子供は、別に頑張ってないけどなあ、

楽しいんだけどなあ、もっとやりたい、もっと極めたいんだけどなあ、

と感じる。

 

でも、お母さんからしたらそんなに長時間するなんて

頑張っているようにしか見えない。心がしんどくなる、体を壊す、と思う。

 

「頑張っちゃ、ダメ!絶対!」

 

子供は、そうかダメなのか、と思い始める。

だけど、あ、あれで遊びたいと思う。

でも、「ん?これは頑張るってことなのか?」と疑問を抱く。

 

疑問を抱いた分だけ、スタートが遅れる。

 

「頑張っているのか、頑張っていないのか、はて、どっちかな…」と考え始める。

 

考えに考え、そのときは、遊べてない。

考えてたら、夕方になってる。

窓を見たら、空がオレンジ色になってる。

何も、できていない。

 

イラモヤする。

 

なぜ?

遊びたいから。したいから。

ただ、それだけ。

 

したいことを「する」ことって、すごく大事なことです。