HIKICHI OFFICIAL BLOG

稼ぐ力をつけ、人生最大のリスクヘッジを図るブログ

学校の帰り道、3人グループの中で2人がしゃべっている話をひたすら聞く人

f:id:hikichijunta:20160916212036j:plain

 

ひきちです。

 

今日はこんな感じでお仕事中です。

もうすぐ終わるけど。

 

さて、僕が持っている本は

ダイレクト出版が無料で提供してくれている本です。

 

 

無料でこれほどの情報を

提供してくれるんだと

イチお客さんとして感動していました。

 

この本はこれから就活する人に向けて

書かれているのですが

 

 

どんな人をターゲットにしているのか?

どんなふうにマーケティングを組んでいるのか?

 

だったり、一度ビジネス経験を通してみると

本を一冊読むにしても得られることが全然違います。

 

 

ここ最近ぼくは

ビジネスをやってきて本当によかったって

思う機会が増えました。

 

「普段生活していたら出会えなかった人と

 出会えるようになった」

「人見知りだったのに今では面と向かって対話ができる」

「人に本気で言葉で思いを伝えられるようになった」

「年代が上の方と対等に話ができるようになった」

「プロジェクトを立ち上げられるようになった」

「巻き込みきる人間になれた」

「ほぼ(汗)毎日ブログを更新できるようになった」

「継続して続けることの大切さを知った」

「協力してくれる人たちが周りにいる」

 

もっと探せば本当にたくさんありますが

いろんな気づきがあったり

ずっとやってきてよかったと思う機会が増えたり

 

今自分の中では前を向いて

いいコンディションで動けている状態です。

 

 

これもここ最近チャレンジする

エンロールするということを

意識してきたおかげかなと思います。

 

 

エンロールしていくことによって

視点が変わってきたり、

 

一つの物事に対して

いくつもの判断の仕方がある

といったことが理解できるようになったり

 

ちゃんと相手の話を素直に

受け止めるという動きができるようになったりと

 

 

そんな風に普通の大学生だった頃の

ぼくとはまた違った観点や感じ方、

考え方が持てるようになりました。

 

 

ビジネス始める前のぼくはホントひどくて

朝は寝坊して、昼間に起きた日には授業に行かず、

大学で勉強もロクにずっとサークルで遊んでました。

 

大学のサークルって楽しいんですよね。

 

・みんなでわいわいできるし

・朝まで語れるし

・楽しいことできるし

・バカできるし

・一緒にいてラクだし

 

サークルのみんなとずっと学生のまま

楽しくいられたらどんなに幸せだろうって

考えたことも当時全然あります。

 

 

でもサークルを引退して

就職活動というものが目の前に迫った時、

 

ふと自分の現実にそこで初めて気づくんです。

 

 

「おれが社会に出たところで何ができるんだ・・・?」

 

 

そう考えたときに

何もない自分がいることに気づきました。

それはとっても恐ろしいです。

 

毎日みぞおちの辺りが

なんか黒いプレッシャーで

重くのしかかってくる感じ。

(就活してるorしてた人わかりますかね?)

 

 

恐らく自分の将来を

真剣に考えたことがあるあなたなら

そんな経験は少なくとも一度はあるかと思います。

 

 

本当に自分の人生に絶望した大学生でした。

 

 

でもそんなぼくがあるきっかけから

ビジネスを捉えるようになり、

 

そこから色んな人との

出会いや、別れ、

あらゆるところで学び、気づきがあり

 

今の自分があります。

 

 

「ひきちさんは自信がかなりありますね」

 

 

そうお会いする方によく言われるのですが

元々自信なんてなかった人間です。

 

人見知りだし…

話しかけるの苦手だし…

なんかロクに資格とか持ってるわけでもないし…

 

学校帰りに3人グループで歩いて帰る時、

その中でのぼくのポジションは

2人が話しているのを右端でひたすら聞いている。

 

ぼくは元々そういった人間だったわけです。

 

 

 

そんなぼくにもビジネスはできるようになりました。

たくさんの人とつながることができたし

人を巻き込めるようにもなりました。

 

 

 

結局、何が言いたいかというと

 

「なんでもチャレンジすべき」

 

だということです。

 

 

 

そうすることで人は変われます。

 

ぜひあなたも常になにか

新しいことにチャレンジしてみてください。

 

 

ダイレクト出版の本は

できれば内容をシェアできればと思うので

また明日以降の記事も楽しみにしていてください。