言葉の力だけで生きる

25歳。Webマーケター、コピーライター。稼ぐ言葉術の専門家。将来に対する漠然とした不安を感じ、2014年12月に右も左も分からぬ状態のまま勢いで師匠に出会い、フリーランスとしての活動を始める。師匠から教わったネットビジネスで2ヶ月で5万円、6ヶ月で30万の利益を出す。その後伸び悩むものの2017年7月に参画し、8人で1億の売上を記録したあるプロモーションで個人売上4000万達成。全体の売上40%を一人で叩き出す。自分で稼ぐ力をつけるべきという絶対的に信念を伝えるべく、ブロガーとしても活動中。

ビジネス未経験者がビジネスできるようになる魔法の記事

 

f:id:hikichijunta:20160906234301j:plain

【ビジネス】

 

 

この言葉を聞いて

あなたはどんなイメージを持ちますか?

 

 

「難しそう」

「敷居が高そう」

 

そんなイメージを持つ人や、

 

「うさんくさい」

 

という印象を持っている人も

いるかもしれません。

 

 

中には「ビジネス」というワードを

出すだけで

 

「詐欺」

 

と、決めつける人もいると思います。

 

 

 

でも、ぼくも昔は

そういった考えの持ち主ではあったので

気持ちはよく分かります。

 

なぜかというと

 

実はぼく自身、

友達に一度騙された経験があるからです。

 

 

その友達が悪気があったかどうかは

分かりませんが。

 

ビジネスの世界というものを知ったのは

そういう経験が入り口でした。

 

 

ではなぜ、今ぼくが

ビジネスを実践し、

プロジェクトを立ち上げたり

 

他の事業に関わったりするまでに

至ったのか?

 

 

それはビジネスというものは

 

『非常にシンプルである』

 

ということを知ったからです。

 

 

 

あなたはビジネスとは

何だと思いますか?

 

 

仕事?

お金稼ぎ?

取引?

 

 

この質問をされると

たぶん答えに詰まっている人が

結構いるのではないかとおもいます。

 

 

 

ビジネスって結局なんなのか?

 

 

これを知るだけで

あなたはビジネスができるようになります。

 

やろうと思えば

今すぐに自分の事業を立ち上げることも

可能です。

 

 

お金を稼ぐことも

すぐにできるようになります。

 

 

『ビジネスが何かを知るだけで』です。

 

 

 

ではいったい

ビジネスとは何なのか?というと

 

 

【商売】

 

 

です。

以上終了です。

 

 

 

商売をもっと噛み砕くと

 

「商品」を「売る」

 

となります。

 

 

要はあなたがビジネスをしたいのであれば

 

「商品」を「売れば」いいのです。

 

商品という価値を提供して

お金をもらっている。

 

等価交換でビジネスは成り立っています。

 

コーヒーという商品の価値を提供して

お金を頂いているのが「カフェ」

 

おにぎりっていう商品の価値を提供して

お金を頂いているのが「コンビニ」

 

パスタっていう商品の価値を提供して

お金を頂いているのが「レストラン」

 

 

というように

すべて等価交換によって成り立っています。

 

「物」と「物」を交換する時代から

「物・サービス」と「お金」を交換する時代に

 

変わっただけです。

 

 

とはいえ、

 

 

「そんなこと言っても商品がない」

「何を売ればいいかわからない」

「自分にはそんなものない」

 

 

そんな風にあなたは思うはずです。

 

 

ですがご存じですか?

あなたは

 

 

「商売の経験がある可能性がある。」

 

 

ということを。

 

 

いらない本、漫画とか

ゲームとか洋服とかって

 

家にあったりしませんか?

それってどうしてます?

 

 

ブックオフ古本市場

売るかもしれないし

フリーマーケットとか開くかもしれません。

 

 

その時

 

 

「いらなくなった本」を売って

「お金」を頂いていますよね?

 

「いらなくなった洋服」を売って

「お金」を頂いていますよね?

 

 

意外とあなたの身近にビジネスはあります。

 

 

それを長期的に稼いでいくためには

あとは「仕組み化」をしていけばいいのです。

 

 

「仕組み化」に関しては

また後日お話します。

 

 

あなたも身近にあるビジネスを

一度探してみてください。

 

 

ひきち